スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望した!聖職者に絶望した!

神仏に仕え、人々の迷いを断ち切り、暗闇を照らす灯火となって、心に安らぎを与える。
聖職者というものを買いかぶっていたのかも知れません。
所詮は人の子、俗欲にまみれた、敬愛には及ばない見下げ果てた凡愚もいると再確認しました。
そんな聖職者が近所のtempleにいました。
葬儀の依頼をしたところ開口一番に「前金で○○万円」だそうで。
がっかりですね。私の抱いていた聖職者像はただの幻想だったのかもしれませんね。

聖職者も人の子、それも俗世に生きていれば俗に染まるというものなのでしょうか。
もっとも、普段から聖職者を養うべく寄付を行っていない方にも問題があるのでしょうけど。

…私の聖職者像は現代にそぐわないような気がしてきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cerbine

Author:cerbine
MMORPG "world of warcraft"をProudmoore鯖Allianceでプレイしとります。あとは政治経済と雑記。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。